介護保険メインの薬剤師の求人への応募

いざやってみるとやりがいを強く感じます

こうした患者さんへのフォローと薬を間違いなく飲んでいるのかなどを確認していく仕事です。
その結果は薬局と主治医の先生さらに患者さんの家族にも伝えるわけです。
患者さんによっては他の介護保険サービスの利用をしている場合があること、また訪問看護などの利用を受けているケースがあるなど色々なので、ケアマネジャーとの連携にも力を入れて対応しています。
求人への応募の時にはここまで大変だとは思っていませんでしたが、いざやってみるとやりがいを強く感じます。
患者さんが在宅での療養を安定して行えるようにしっかりとフォローできることは、やりがいと共に魅力を感じる部分です。
ただ地域によっては冬場などで患者さんの自宅までの道が凍るときがあります。
運転には注意を払いながら赴き、患者さんが待っているのでしっかりと対応をしているところです。
その他の点で気になるところとしては、ケアマネジャーが担当している場合のケアカンファレンスへの出席です。
時間が合わない場合がありますがなるべく出席して意見を述べるようにしています。

居宅療養管理指導を行う薬剤師求人に応募した : いざやってみるとやりがいを強く感じます : 患者さんの健康管理にも注意していきたい